コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<臓器移植>虐待疑いの児童から摘出禁止 厚労省が運用指針(毎日新聞)

 7月に全面施行される改正臓器移植法の運用指針を検討してきた厚生労働省の臓器移植委員会は28日、虐待を受けていたと疑われる児童(18歳未満)について、どんな場合でも臓器を摘出しない方針を確認した。

 改正法では、虐待を受けた児童から臓器が提供されることのないよう適切な対応を取るとしている。これを受け、委員会は臓器提供できる被虐待児の範囲を検討してきた。

 この日の議論では、虐待とは全く無関係の交通事故などで死亡した児童でも、虐待を受けていたと判断されれば、その児童から臓器提供はできないことで意見が一致。また、臓器提供の意思表示ができる15歳以上の児童が、意思表示カード(ドナーカード)などで提供の意思を示していても、虐待を受けたと判断されれば対象から除外するとした。

 虐待の有無は、臓器を提供する医療機関が院内に設置した虐待防止委員会が、小児科学会作成のマニュアルや臓器移植委員会が作るチェックリストなどを参考に判断する。【藤野基文】

【関連ニュース】
宇和島徳洲会病院:病気腎移植手術 4例目を実施へ
臓器提供児童:虐待の有無確認 厚労省方針
小児脳死:「24時間空け判定」 厚労省研究班が基準案
4月号
3月号

社民の反対集会派遣に不快感=平野官房長官(時事通信)
<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
死刑判決を破棄、差し戻し=元義父の刑務官-大阪母子殺害・最高裁(時事通信)
<コウイカ>ちっちゃいけど元気です 赤ちゃん続々誕生 福岡(毎日新聞)
<仙谷担当相>閣内から批判相次ぐ 衆参同日選発言(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。